ED治療薬の副作用、これが欠点の一つです

風邪などの体調不良で処方される薬を貰う際に、副作用の説明があると思います。
眠気とかが出てくるとか、そういう類の物です。

 

薬と言うのは臨床試験等も行っており、効果に関しては裏づけが取れています。
その代わり、目的以外の部分に対する効果も認められるので、それが副作用なのです。

 

ということで、ED治療薬にも副作用はあります。

 

  • 顔の火照り
  • 頭痛
  • 動悸
  • 倦怠感
  • 下痢

 

などが、ED治療薬の副作用としてよく挙げられています。
普通の薬も眠気を感じる人もいれば、全く感じない人もいますから個人差はあります。
頭痛や下痢に関しては、一般的な頭痛薬や整腸剤を服用する事で防げるとも言われています。

 

ED治療薬の効果は絶大なのですが、この副作用と言うのは個人的には欠点の一つだと思います。
というのも、自分はED治療薬の副作用を割と感じるタイプだったからです。

 

個人輸入されたED治療薬を使っているからではなく、きちんと病院で処方された正規品での話です。

 

一時的な物なので、時間が経過すればバイアグラの効果が切れると同時に副作用も収まります。
ですが、自分の場合は割と出るタイプだったので少ししんどいと思うようになりました。

 

頭痛以外にも火照りなども感じることがありましたので、もし副作用を感じるタイプだった場合には気になるかもしれません。
但し先述したように鎮痛剤などを使うことによって、頭痛なども抑える事も出来るといわれています。
自分も飲みましたが確かにマシになる事はありました。

 

基本的には人体に対して深刻な副作用というのは低いとされていますから、過度に心配する必要は無いです。
僕の知り合いでは副作用なんか全く感じず、バイアグラを使って若い頃の様にブイブイやっているひともいますので(笑)