【警告】ED治療薬の通販は危ないので注意!

 

 

ED治療薬というのは、残念な事に保険適用されませんので自費診療となります。
そのため、治療薬の値段が普通の病気の時の薬よりも高いと言うのがあります。

 

先日のED治療薬の副作用も短所の一つなのですが、ED治療薬の価格が高いと言うのも欠点の一つです。

 

バイアグラは特許が切れたことでジェネリックが登場しているのですが、それでもそこそこの値段がします。
少なくとも気軽に購入出来るような優しい価格では無いです。

 

そのため、ED治療薬を通販で易く購入する方が未だに多いといわれています。

 

海外のED治療薬を安価に通販して、国内にて販売しているサイトがあるのです。
そこから安い料金でED治療薬を購入されている方が多いんですね。

 

そもそも薬の通販って大丈夫なのか、違法じゃないのかと言う疑問がありましたが大丈夫のようです。
海外産の物を個人輸入通販と言う方法で販売するのは、法律上では問題がないようです。

 

販売自体は問題ないのですが、肝心な中身に問題はあります。

 

というのも、ED治療薬の通販と言うのは偽物がある可能性が高いからです。

 

 

 

数年末に行われた調査によりますと、国内メーカーがED治療薬の通販サイトから購入した半数以上が偽物だった事が判明しました。
つまり50%以上の確率で偽物を購入するリスクがあるのです。
2015年の調査でも4割が偽物と言う結果が出たそうなので、危険性は高いと言えます。

 

ED治療薬の偽物と言うのは、健康被害を起こす可能性があります。

 

海外ではED治療薬の偽物による死亡例もありますし、国内でも因果関係までは証明出来ませんでしたが死亡者がED治療薬の偽物を所有していたという事例があります。

 

偽造品というのは、工場での衛生面も絶対に良いはずがありませんよね。
何が使われているのかも分からないのですから、それを摂取するというのはリスクが高いと思います。

 

値段が安井の言うのは分かりますが、偽物で体調を悪化させるのは更に良くないです。
本物をアピールするサイトもありますが、検査以外は偽物という可能性もあるわけです。

 

特にそのような個人輸入のサイトは日本人ではなくて、某国の人が代表だったりもします。

 

ED治療薬を通販するのは個人の自由ですが、危険性も非常に高いです。
第一届く治療薬も大半は期限が数ヶ月以内と短くなっていますしね。

 

僕としてはバイアグラのジェネリックであればまだ安く購入出来ますので、そちらの方が良いと思います。
保険適用してくれれば、一番良いんですが...。